akiyaconcierge近年の人口減少や核家族化などに伴い、平成25年10月1日時点での空き家の数は、全国で820万戸(住宅土地統計調査)となっており、今後さらに増えることが予想されます。
適切な管理がなされていない空き家は、当該空き家の価値の減少だけでなく、防犯性が低下することによりゴミの不法投棄や害虫の発生など周辺の生活環境まで悪化させることになりかねません。
その前に空き家を適切に管理、有効活用していくことが必要になります。
空き家の有効活用、相続についてもご相談ください。